香水や匂いの種類一覧!動物系や植物系にはこんなものが…

香水や匂いの種類一覧!動物系や植物系にはこんなものが...

どんなに『香水が大好き!』と思っていても、意外と知らないことが多いのが香水の『香料や種類』について。

ムスクとかシトラス系とか…そんな名前は聞いたことがあるけど、実際何のことかよくわからない。

 

なんて人が多いのではないでしょうか?今回は、意外と知られていない香水に使われている香料の種類や性質についてご紹介します。

あなたのお気に入りの香水はどれに当てはまるのか、ちょっとだけで考えながら見てみて下さいね。

 

香水に使われている『匂い』の種類って?

香料には自然の動植物からとれる天然香料と、科学的に合成された単品香料に分かれます。

天然香料は大きく「動物系香料」と「植物系香料」に分かれ、単品香料は大きく、「合成香料」(天然材料の化学構造を分析し、それとまったく同じものを化学的に作った香料)と「単離香料」(天然香料の精油から抽出した成分。単一の成分のみを単離精製するもの)に分かれます。

 

これらは香水を作る3つのもの「アルコール、香料油、蒸留水」の香料油をつくるもとになるものです。

これらの素材たちを「オイル」にしてから、実際の香水に使う素材にしていくので、これらの香料は原材料とも言われています。

 

ただあまり細かいことを説明してもかなり分かりづらいと思いますので、今回は分かりやすく『動物系・植物系・合成系』の3つに分けてご紹介していきますね。

全部丸々覚えることでもないので、『へえ〜』くらいの気持ちで読んでみて下さいね。

 

動物系

動物系は種類が少ないので,簡単に覚えておくと便利ですよ。

  • ムスク
    麝香鹿(じゃこうじか)の分泌物。暖かく、肉感的な香り。香気が強く、香料のほか薬用として使用されています。日本ではよく『ムスク系』の香水を見かけることが多いと思うので、名前は覚えておいて損はないですよ。
  • シベット
    ジャコウネコからとれる分泌物。セクシーで動物的な香り。霊猫香(れいびょうこう)割と独特な香りなので、かなり好みが分かれるとは思いますが、日本にある香水でも稀に使われることがあります。
  • アンバー 
    琥珀(こはく)。まっこうくじらの腸に出来た結石。香りは様々です。正確にはアンバーグリスと言うそうですが、あまり見かけない香りなので、嗅ぎ慣れない人がほとんどだと思います。くじらの腸に出来た結石と言われてもピンとこないですよね。

動物系でおすすめの香水はこれ

ブルガリブラック

こちらのブルガリブラックはムスクの香りが効いていて、とてもスパイシーな香水です

だからといって癖が強いわけではないので、誰でも気軽に楽しめる香りです。

常に人気の香水なので見つけたら早めにゲットして下さいね。ユニセックスで使えます。

 

植物系

植物系はかなり多いので、簡単な説明になりますが目を通してみて下さいね。

 

果皮から使用

  • ベルガモット
    ベルガモ地方原産の柑橘。柑橘系のなかではかなり甘み、温かみのある香り。刺激も強い。
  • マンダリン
    中国で主にとれるオレンジに近い柑橘。独特の甘みがある。
  • タンジェリン
  • レモン
    ご存知レモン。酸味が強く、非常にフレッシュな香り
  • グレープフルーツ
    こちらも日本人の方になじみの深いグレープフルーツ。レモンよりは甘みがあるが、フレッシュな香り。

 

果実から使用

  • アニス 
    しそ科の植物。その実は香辛料。
  • コリアンダー
    セリ科の植物。甘く、スパイシーな香り。果実や種子を使用。
  • レッドペッパー 
    唐辛子。刺激が強く、辛味がありスパイシーな香り。
  • バニラ 
    アメリカ熱帯地方産らん科のつる性植物。香水で使われるのはその実から取ったエッセンスです。

 

花から使用

  • ローズ 
    文字通りバラ。昔から香水の代表的な香りとして使われている。甘みがあり、深い香り。また、ローズにも色々な種類が存在し、それによっても香りの性質は違ってきます。ex)スイートローズ、チュベローズ、フレッシュローズ等。
  • ジャスミン
    甘く、透明感のあるリラックス効果の高い香り
  • ラベンダー 
    シソ科に属するラベンダーの花は、サワヤカかつほんのりと甘みのある香り。この香りを使うのは、フレッシュなイメージの香りに多く見られます。香水では、フゼア系の香りの重要な要素。ちなみに、アロマテラピーは、このラベンダーが火傷に対して強い効果を発揮するのが発見されたことら始まっています。非常に香り全般を語る上では重要な香りになってきます。藤色というように薄い紫色です。
  • ネロリ 
    ミカン科の花からとれる香料で、柑橘系のようなサワヤカな印象のフローラルです。
  • リンデン 
    菩提樹科の植物。ソフトで甘みがあり、かつスパイシーな香り。リラックス効果のある香りです。

 

蕾(つぼみ)から使用

  • クロブ                                                     

 

種子から使用

  • セロリ
  • カルダモン
  • パセリ

 

根から使用

  • オリス
  • ベチバー 
    稲科の植物。土っぽい、スモーキーなくすんだ香り

 

木部から使用

  • サンダルウッド 
    ビャクダン科の植物。高級な扇子とかにも使われていますね。甘く、スパイシーな香り
  • シダーウッド 
    ヒノキ科、松科の植物。ウッディでオリエンタル系の乾いた香り
  • ローズウッド 
    クスノキ科の植物。ローズをウッディにしたような、スパイスの効いた甘い香り

 

葉を使用

  • セージ
    シソ科の植物。シャープな香りで、集中力を高めるそうです。
  • プチグレン 
    ミカン科の植物。リフレッシュ感のある葉の香りで、ストレス、疲労に効果がある。
  • バジル
    シソ科の植物。ハーブ系のスパイスの効いた香り。
  • パチュリ 
    シソ科の植物。ウッディ系で土っぽい香りで、個性的な印象を持つ香りです。
  • シナモン 
    くすのき科の植物。スパイシーでちょっと甘みがある。樹皮からも使用します。

 

針葉、小枝を使用

  • イトスギ
    ヒノキ科の常緑植物。「このてがしわ」の変種。枝は細く糸状で下にたれる。鑑賞用。

 

樹脂とバルサムを使用

  • ガルバナム
  • ミルラ 
    カンラン科。ムスクのような香りで、抗菌効果が高く、口の中の病気等に効果。没薬。
  • オリバナム
  • ベンゾイン 
    エゴノキ科の植物の樹脂。バニラ系の甘みのある香り。
  • 乳香 
    甘く、ウッディ系の香り。リフレッシュ感があります。

 

植物系でおすすめの香水はこれ

エクラ ドゥ アルページュ オードパルファム

ラベンダーの香りやナチュラルな甘い香りがバランスよく混ざり合った香りが大人気の香水です。

女性からはもちろん、その爽やかで嫌味のない香りが男性からも高い評価を得ています。

どんなシチュエーションにもぴったりの香りですよ。

 

合成系

合成系は名前的に覚えづらいのですが、なんとなく知っているといいかもしれません。

 

  • アルデヒドC9
    力強い花様のアンダーノートのあるワックス系の香り。
  • アルデヒドC10
    力強く、やや甘みのある酸敗脂肪臭を伴った柑橘の果皮系の香り。
  • アルデヒドC11
    力強く、ワックスまたはローズ系で、金属的でグリーンっぽい香り。
  • アルデヒドC12
    松葉、青草、花様でちょっとワックスっぽい香り。
  • アルデヒドC12 MNA
    甘みの少ないアンバー調のあまり強くない果実系の香り。

 

合成系でおすすめの香りはこれ

シャネルNo.5

ナチュラルなのにどこか洗練されていて、都会の大人のイメージを演出してくれるシャネルの香水です。

とても有名なのですが、気取ってる感じもなく、気軽にだけどエレガンスに付けていける香水です。

プレゼントとしても大人気ですよ。

 

終わりに

いかがでしたか?一言で香水と言ってもいろんな香料が使われているんですね。何となく知っているだけでも、香水の選び方が変わってくるかもしれません。あなたにぴったりの系統を調べて、今日からあなたも香水マニアになりましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る