期限あるの?未開封・開封後は?期限切れの香水の使い方や再利用法は

期限あるの?未開封・開封後は?期限切れの香水の使い方や再利用法は

いい匂いの香水を身につけると本当にわくわくしますよね。

大切なデートや失敗できないビジネスシーンでも、素敵な香りはあなたの強い味方になってくれます。

 

ですが意外と香水について知らないことがまだまだあるかもしれません。

今回は『香水の期限』や『未開封・開封後』の香水について詳しくご紹介します!

ぜひ頭の片隅に入れておいて下さいね!いざと言う時とても便利ですよ。

 

香水に『期限』はあるの?

誰でも久しぶりに匂いを嗅いだら『なんだか匂いがあまりしない…』『買った時の香りと違うような気がする…』そんな経験ありますよね。

そもそも香水には『使用期限』があるのでしょうか?

 

香水には使用期限などが明記されていませんが、法的には化粧品に分類され、薬事法での化粧品の使用期限は未開封で3年以内であることが定められています。

ですので、香水も未開封で3年が製品の品質維持の指標となっています

 

もちろん3年を過ぎてしまっても品質がすぐに落ちるというものでもありません。

3年以上過ぎてしまったものは自分の鼻で香りを確かめてから使用するようにしましょう。

 

もし、香りの持続力があまりないかも…と感じたら、その香水は使用期限が過ぎてしまっているかもしれません。

物足りない場合は潔く諦めて買い替えるか、フレグランス変わりと思って軽めの香水を楽しむのが良さそうですね。

もしくは下記でも詳しく説明しますが、再利用するという手もありますよ。

 

開封後や未開封の香水は?

ただし開封してしまった香水の寿命は、約1年とされています。

1年で使い切るのがベストですが、なかなかそうはいきませんよね?私も、香水を1年で使うどころか、使いきったという試しがありません(笑)

あくまで1年と言いつつも、香りは数ヶ月経つにつれ微妙に変化していきます。

 

メーカー側の推奨としては1年ですが、管理方法を見なおせば新鮮な状態で使い続けることが可能です。

香水はワインと同様、少し涼しくて暗い場所に保管するのがベストです。

家庭内の冷暗所と言えば、“冷蔵庫”ですね。その中でも、野菜室に入れておくことをおすすめします。

 

その際はそのまま入れるよりも、匂いが他の野菜などにつかないようにジップロックなどに香水を入れてから冷蔵庫にインするようにしましょう。

  • 野菜室・・・7~10℃
  • 冷蔵室・・・2~4℃

ぐらいが冷蔵庫の標準となっていますので、“少し涼しい”野菜室に入れましょう。

他の食品への匂い移りが気になる際は、ジップロックに入れておけば防ぐことが出来ます。

そうすることで、香りの変化もしにくく長持ちさせることが出来ます^^お気に入りで、長く使いたい香水があるなら是非、この保管方法を取ってみて下さいね。

 

もしかなりの年数が経ってしまって、使えるのか使えないのかわからない時はどの状態であれば大丈夫か判断するかというと、ニオイと見た目です。

ニオイや見た目に問題がなければ使用してもほぼ問題ありません。

ですが多少なりとも酸化の影響は受けます。ローズオイルやホホバオイルは酸化しにくいですが、柑橘系のオイルは酸化しやすいので注意が必要です。

 

また、ヴァポリザター(噴射式の瓶)ではなく、いわゆる香水瓶に入ったタイプのものは、使用時に雑菌が入ることもあるので、こちらも気を付けてください。

 

 

香水を再利用しよう

香水は保存状態にもよりますが、上記でもお伝えしたように未開封であれば3~4年は問題ありません

また香水は通常エタノールに香料を混ぜて作るので簡単には腐敗しません。エタノールの殺菌効果が高いからなんです。

 

コロンなどは水分量が多いので劣化が早いです。

安い香水はダメになってしまっても、ディオール、シャネルなどは、劣化するとかえって、やわらいかい良い香りになることもあります。

とは言え、頂きもので好みが合わない、古いので使いたくない、飽きてしまったなど、使いたくはないけど捨てられない香水にはどんな再利用方法があるのか考えてみましょう。

 

香水の再利用方法

トイレの芳香剤

使わなくなった香水を再利用する方法はたくさんありますが、『トイレの芳香剤』にする人がとても多いのでおすすめです。

スプレー式の容器に香水を水で薄めてスプレーします。あるいはビンの蓋を開けてトイレの隅に置いておきます。(倒れないところに置きます。または、トレーなどの上に置いて倒れた場合の対策をしておきます。)

とても簡単に再利用できるのも嬉しいですよね。これでトイレもいい匂いに包まれますよ。

 

トイレットペーパー

香水をトイレレットペーパーに直接振りかける方法もありますが、抵抗がある人は芯の部分にふりかけておきます。

こうすることでトイレットペーパーを使うたびにとてもいい香りがします

毎日使うときに振りかけなくても、例えばお客さんが来る日や特別な日だけでもおすすめです。

 

トイレットペーパーに振りかけることで、トイレ自体もいい匂いになりますよ。

 

掃除機

これは意外と知らない人が多いのですが、掃除機の紙パックに振りかけておくと掃除機の排出口からよい香りがします

掃除機はほこりや髪の毛を吸うものなので、どうしてもほこりっぽい匂いになってしまいます。

そんな不快な匂いもお気に入りの香りにしてみましょう。香水の香りがしなくなったら再度付けておくのがおすすめですよ。

 

拭き掃除

香水には『アルコール』が含まれているので拭き掃除に向いています。コットンや布の2~3滴含ませ、スイッチや電話機の汚れを落とします。(色落ちに注意してください。)

アルコールのみの匂いと違って、ほのかに香水の香りが広がるのでとてもいい気分になりますよ。

ただ少し匂いが強すぎるな…と感じた時は、香水自体を少し薄めて使用するようにして下さいね。

 

洗濯

すすぎの時に少量入れます。洗濯物を干しているとき、着ているときによい香りがします。

もちろん柔軟剤を使うのが一般的ですが、どうしてもお気に入りの香りが見つからない…という時に、使わなくなった香水の出番です。

 

ただし、あくまで数適に抑えておくのがベターです。あまり入れすぎるとかなり強い匂いになってしまいます。

タンスの匂いが気になるときもこのやり方がおすすめです

 

加湿器

こちらも今人気の再利用方法なのですが、アロマ式加湿器が自宅にあればアロマの代わりに香水を少量入れます。

これだけで部屋が加湿されるだけでなく、いい匂いにふんわり包まれます。

部屋の匂いが気になる方や、普段よく加湿器を使っている方におすすめです。加湿もできて、お部屋もいい匂いになって、リラックス効果も期待できます。

 

造花、ドライフラワー

造花やドライフラワーにふりかけておくと、違う雰囲気で楽しめます

お花の香りももちろん素敵ですが、もう少し違った楽しみ方をしてみたい…そんなふうに思った時におすすめです。その際、フローラル系の香水であれば特に相性抜群ですよ。

毎日でなくてもお客さんが来たときや、ちょっとしたホームパーティーの際におすすめです。

終わりに

いかがでしたか?まだまだ香水について知らないことがたくさんあったのではないでしょうか?

買ったばかりの香水はもちろん好きなように使っても問題ありませんが、開封後や使わなくなってしまった香水について知っておくと、いざという時役立ちますよ。

大好きで大切なあなたの香水を、もっと丁寧に使用するだけで、これから先あなたにとって更にその香水が宝物になりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る