香水の簡単な捨て方は?中身をゴミ箱に流すのはありなのか

大好きな香りや好きな人の香りって、身にまとうだけでドキドキしたり気分が高まりますよね。

あなたの愛用している香水はいくつありますか?

 

『たくさんコレクションしてる!』という人も『最近集め始めた』とう人も…覚えておきたいのが【正しい香水の捨て方】です。

意外と知らない人が多い香水の処理方法。

中身を簡単に流してしまっていいの?ゴミ箱に捨ててもいいの?そんな疑問にお答えします!

 

正しい香水の捨て方は?

使い終わった香水、もらったけど自分に合わなかった香水、香りが飛んでしまった昔の香水…あなたのお家に眠っていませんか?

『面倒だからそのまま瓶の日に捨てちゃった…』『トイレに流しちゃった…』本当にそれで大丈夫なのでしょうか?

意外と知らない『香水の正しい捨て方』を今のうちにしっかりマスターしておきましょう!

香水の中身はどうすればいいの?

◎用意する物

  • ジップロック
  • スーパーなどにある透明なビニール袋
  • ティッシュや新聞紙

◎やり方

  1. まず、スーパーなどで貰ったビニール袋にティッシュを適量入れ、そこに香水を染み込ませて、口を縛ります。
  2. 1の袋を、匂い漏れ防止のためさらに新聞紙で包みます。※新聞紙は、密閉袋に収まる大きさに包みます。
  3. 2で包んだものをジップロックなどの密閉袋で密閉します。
  4. 燃えるゴミとして捨てます。

 

これで大丈夫です。家にあるもので簡単に処理できるのが嬉しいですよね。

もし万が一、液体をそのままトイレや洗面所に流してしまった場合、ご近所の迷惑になってしまったり、匂いが消えないというトラブルにもなり兼ねないのでそれだけはやめておくのがベターです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、上記のやり方で香水の液体を処理すれば誰にも迷惑がかからず捨てることができますよ、

 

また、外側の袋に香水がつくと匂いが強く香ってしまうので、なるべくつかないように気をつけましょう。

瓶は?

香水が入っていた瓶は、可愛くてまだ使いたい!と思えばインテリアなどにするのもおすすめです。

もういらないというのであれば、きちんと『瓶の日』に捨てましょう

再利用もあり!

お気に入りの香水だったから、すぐに捨ててしまうのはなんだか気が引ける…もったいない…そう感じるのであれば無理に捨てる必要はありません。

最後まで使い切ってあげる方が、香水としても嬉しいでしょう。

そんな時は再利用するのがおすすめです。たとえもう肌に付けなくても、いろんな再利用方法があるのでぜひ参考にしてみて下さいね!

 

トイレの芳香剤にする

トイレの芳香剤にする方法は、とても人気です

お気に入りの香りがトイレに広がるので気分も良いですよね。

瓶のフタを開けてトイレの棚などに置いておくだけでもかなりの効果があるので、ぜひトライしてみて下さいね。瓶もおしゃれなら更に素敵なトイレになりそうですね!

 

ルームスプレーとして使用する

お部屋の匂いが気になる…という時は使わなくなった香水を少し薄めてルームスプレーにしてみてはいかがでしょうか?

原液のままだと濃すぎるので、少し薄めて使うことがポイントです。

ただしあまりスプレーを部屋に巻きすぎると匂い過ぎの原因にもなってしまうので、適度にしましょう。

 

拭き掃除の時に使用する水に、香水を少量混ぜる

お掃除も際もいい匂いだったら、なんだかとても気分がいいですよね。

この際も原液だと匂い過ぎてしまうので、水で薄めてから使うようにしましょう。

 

ただしキッチン周りはおすすめしません。あくまで洗面所やトイレ、床などの掃除で使うようにしましょう。

 

手作りサシェを作り、タンスの芳香剤にする

洋服がタンス臭い…クローゼットの中が匂う…それなら香水の出番です。

手作りのサシェを作って芳香剤にしてもよし、芳香剤スプレーとして活用するもよし。

 

大好きな香りがタンスやクローゼットに広がって、お洋服もナチュラルないい香りに生まれ変わります

スプレーをする際は撒きすぎると匂いが強くなってしまうので注意して下さいね。

 

終わりに

いかがでしたか?使わなくなった香水の正しい捨て方を覚えておくだけで、いざという時とても便利ですよ。

軽い気持ちでトイレに香水を流してしまったり、洗面所に捨ててしまったりすると、思わぬところでトラブルになったりしてしまう可能性もあります。

最後まで丁寧に捨てるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る