スプレータイプの香水の捨て方は?開かない瓶の開け方はこれだ

スプレータイプの香水の捨て方は?開かない瓶の開け方はこれだ

お気に入りの香水が一つあるだけで、毎日がもっと楽しくなります。

ファッションによって香りを変えたり、シチュエーションによって香りを変えたり…いろんな楽しみ方ができるのも香水の魅力です。

でも…意外と知らないのが香水についての豆知識。

『香水ってどうやって捨てるんだろう?』『瓶タイプの香水が開かなくなった…!』こんな時、あなたならどうしますか?

今回は意外と知らない香水についての豆知識についてご紹介します。

香水って捨てられるの?

意外と知らないのがこれ。『香水の捨て方』です。

今ではほとんどがスプレータイプの便利な香水になりましたが、便利になって買いやすくなった分飽きてしまうのも早いのが現実です。

ですが捨て方を知らないと他の人に迷惑をかけたり、ご近所さんとトラブルになりかねません。

しっかりした捨て方を覚えておくだけで、いざという時に役立ちますよ。

使い終わった香水は…

◎再利用する

使い終わった香水を、ただ捨ててしまうのがもったいないかも…という方はトイレの芳香剤として再利用したり、クローゼットに入れることでお気に入りの香りをもう一度楽しんだりする方法もあります。

捨ててしまうのは簡単ですが、せっかくのお気に入りを簡単に捨ててしまうのはもったいないのでこうして使い直すのもおすすめです。

またコットンなどに香水を染み込ませて、可愛いお皿などに入れて洗面所や玄関に置いておくのもおすすめです。

ただしあまりにも匂いが強すぎるなと感じたら、水で薄めてから再利用するのがベターです。

香水の中身が後少しで、本体の瓶からなかなか出ないという時は、『アトマイザー』という香水を入れる専用の入れ物に移し替えましょう

そうるすことで、最後まで綺麗に使い切ることが出来ます。

◎それでも捨てる時は…

  1. まず、スーパーなどで貰ったビニール袋にティッシュを適量入れ、そこに香水を染み込ませて口を縛ります。
  2. 1の袋を、匂い漏れ防止のためさらに新聞紙で包みます。※新聞紙は、密閉袋に収まる大きさに包みます。
  3. 2で包んだものをジップロックなどの密閉袋で密閉します。
  4. 燃えるゴミとして捨てます。

少し面倒に感じるかもしれませんが、こうしてきちんと処理することが大切です。

そうでないと匂いが漏れてしまい近所の迷惑になったり、隣人とのトラブルになり兼ねません。

外側の袋に香水がつくと匂いが強く残ってしまうので、なるべくつかないように気をつけながら最後まで丁寧に処理しましょう。

 

瓶が飽かないときは…

香水を捨てる際に意外と多いのが『瓶がなかなか開かない』ことです。少しでも開けやすくなる方法をご紹介します。

 

◎蒸しタオルで

次に紹介する方法は蒸しタオルを使った方法です。

こちらも用意が簡単にできますので、誰もが実践しやすいものだと思います。そういった時の対処法をご紹介します。

【ふたの開け方】

  1. 蒸しタオルを用意します。
  2. ふたを包み込むように蒸しタオルをかぶせます。
  3. 少し時間を置きます。(30秒程度)
  4. ふたを回します。

開けばOKです。

この時にビンの中のものが温まらないように注意してください。あたためることで開けやすくなります。

◎ゴム手袋で

次に紹介する方法は、ゴム手袋を使う方法です。もし自宅で使っているものがあればそれを使用して下さい。

【ふたの開け方】

  1. ゴム手袋を両手にはめます。
  2. 本体をしっかりとおさえます。
  3. 利き手でしっかりとふたを掴み、思い切りまわします。
  4. 開けばOK

思い切り回そうとし過ぎて、ふたが開いた反動で中身がこぼれないように注意してください。

ゴム手袋をすることで強い摩擦をかけ、しっかりと力をふたに伝えることで、固いふたが開くようになります。

先ほど紹介した「ふたを温める方法」と一緒に行うことで、もっと開きやすくなるかもしれません。

その他、どうしても固い場合は輪ゴムを何本か蓋につけて滑り止めとして開ける方法もあります。

輪ゴムはどんなご家庭でもあるので、トライしてみる価値はありそうでうすね。

 

もし難しいようなら上記のようにゴム手袋をはめて蓋を開けてみてください。

ゴムが滑り止めの役割を果たしてくれますので、開けやすくなります。

 

それでも開かない場合は、湯煎して瓶と蓋を暖めてから再度チャレンジしてみてください。

ゴム手袋がない場合は、ぬれタオルで蓋を固定して開けるという方法にもチャレンジしてみて下さい。

 

終わりに

いかがでしたか?お気に入りの香水をたくさん持っていても意外と知らない『香水の捨て方』や『香水の瓶の開け方』。

少しでもマスターしておくだけで、いざ捨てるとなった時や、開かなくなった時にとても便利ですよ。

 

とっておきの香水をコレクションするのもいいですが、最後の処理まできちんと丁寧にすれば、誰にも迷惑がかかりません。

正しい香水の知識を覚えて、あなたも本当の香水マニアになって下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る