女性の香水のつけ方!スプレーは何プッシュがいい?長続きするには

女性の香水のつけ方!スプレーは何プッシュがいい?長続きするには

大好きな香りを身にまとうだけで、なんだかとても晴れやかで清々しい気分になりますよね。もちろんおしゃれなファッションをしたり、可愛いメイクをしたりするのも楽しいけど、そろそろ自分にぴったりの香りを見つけて大人っぽくなってみませんか?

 

自分に合う香水を持っているだけで、ここぞというデートの時やイベント、パーティーの時にとても役立ちますよ。ただし、しっかり『正しい付け方』をマスターしてからがおすすめです!今回は正しい香水の付け方についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

意外と知らない!?正しい香水の付け方が知りたい!

どんなに素敵で高価な香水を持っていても、付け方を間違えてしまうと、匂い過ぎが原因で知らないうちに他の人に迷惑がかかってしまいます。そうならない為にも、まず『香水の正しい付け方』をしっかりマスターしておくことがおすすめです。正しい付け方を覚えておけば、あなたの持っている香りがもっと魅力的になりますよ!

 

香水って何プッシュすればいいの?

今では、付けるのにとても便利な『スプレータイプ』の香水が一般的になりました。ただ気軽に付けられる変わりに、どうしてもやってしまいがちなのが『付け過ぎ』です。スプレータイプは楽に振りかけることが出来るので、自分が思ったよりも多く振りかけてしまっている場合がほとんどなんです。では、何プッシュが適量なのでしょうか?

 

実は、『1プッシュ〜2プッシュ』が一番綺麗にふんわり香ると言われています。もちろん、香水の濃度にもよるのですが、日本で売られている香水の大半は『オードトワレ』や『オードパルファム』と言った使いやすい濃度になっています。

 

ですので、1プッシュ〜2プッシュでも十分香ります。目安としては、『なんだか物足りないかも…』という感覚で抑えておくのがベターです。自分自身はその時点で少し鼻が麻痺しているので、物足りないくらいがちょうどいいと言えます。

休日は自分の好きなバニラとムスクの濃厚な香りをおへその下あたりにワンプッシュ。オフィス用の清楚系の軽いフローラル系のものは、同様におへそ下へ、そらからスカートの日は膝裏にワンプッシュしています。よく、手首と首につける方もいらっしゃりますが、オフィスだときつすぎます。着けてるのがバレないくらい質素に香るのが素敵だと思っております。

 

付ける場所は?

では、香水を付ける場所はどのへんがいいのでしょうか?

一番自然に香ると言われているのが『ウエスト』です。鼻の位置から遠すぎず近すぎずの位置にあるウエストであれば、とてもナチュラルにふんわり香ってくれます。その際に洋服の上からでもいいのですが、シミになったり、人によってはキツいと感じてしまう場合もあるので、出来れば素肌に付けてあげるのがおすすめです。付ける際には、一度手首に1プッシュもしくは2プッシュ付けてからウエストに付けていきましょう。

 

もしそれだと物足りない!という人は、足首や膝裏にもう1プッシュ付けるのがおすすめです。ただ、この時点でかなり香っていると思われるので、ウエストで抑えておくのがベターと言えそうです。

ウエストなら腰に一吹きすればいいのでは?
自分で香りが分かったらかなりつけ過ぎ、周りには迷惑がかかっていることになります。なので上半身につけるのはお勧めしません。上半身だとどうしても香水きつすぎの人になるからです。食事の時は特にマナー違反になってしまいます。腰より下で、衣類で隠れるところをお勧めします(足首、内もも、ウエストなど)。まだ鼻が香りに慣れていないころなら時折何とか自分で香りが分かる程度、鼻が慣れてきたころなら自分では香りが分からなくて正解です。これなら周りの人は「近づくとふんわり香る」と感じるくらいだと思います。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083615360

 

長持ちさせたい時は?

『お気に入りの香水なんだけど、なんかあまり長持ちしないんだよね…』そんなふうに感じたこと、ありませんか?もちろん香水によって濃度・持続力に違いがあるので一概にこう!とは言えませんが、長持ちさせる工夫は出来ます。では、香水の香りを長持ちさせるにはどうするのが一番いいのでしょうか?

香水愛用者の知恵を借りてみましょう!

手首につけない。周りに迷惑になるわりに、すぐ香りが消えます。じっとしている状態で、周りにずっと香るのは付けすぎです。
その日からあなたのあだ名は臭い玉になります。動いたとき、ふっと香るくらいが、香り上級者。服に隠れる部分・・・ウエスト、膝裏、足首あたりに、最高2プッシュまでで小分けにしてつけます。そうすると、風を受けたり体を動かした瞬間、体温で暖められ、あなたのものになった香りが、服の下の空気の層から押し出されて香りたちます。どこに、どの量が最適かは、その人によって違います。マニュアルはありません。じっくり研究して、自分のものにしてください。

やはり、手首ではなくウエストや足首などに付けるのがベターなんですね。どうしても手首などに付けたほうが香る気がしてしまいますが、上級者は下半身に付けるのがベターのようです。

香水は、肌にのせる事を想定して調香師が調香しているので、清潔な肌に直接つけてください。
つけ方ですが、手首や首等の露出する場所につけると、キツく香りやすい上に、日に当たるとシミになることがありますので、服に隠れる場所につけるのが望ましいです。保湿をすると、持ちは少し良くなりますね。香りは下から上に上がるので、下半身の服に隠れる場所(お腹、ウエスト、太もも、膝の裏、足首等)がオススメです。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14157275574

香水を付ける部分に『ワセリン』などをあらかじめ塗っておくと更に長持ちすると言われています。保湿されている場所に付けた方が香りが逃げにくいためです。こちらも初心者の方でもすぐにトライできどうな方法ですよね!

 

付け過ぎてしまうと…

香水の付け過ぎは、本人が思っている以上に周りの人にとってはとても深刻です。どんなに大好きな香りでも『付け過ぎは絶対ダメ!』と肝に命じておきましょう。

香水は好きで愛用してますが、好みじゃない香りですと気分が悪くなります。簡単に言えば臭いってことなんでしょうね。自分勝手だと思いますが、身体が受け付けないのですから仕方ありません。ということは、自分の付けた香水を臭いと思ってる人もいるという事ですから、量やTPOはとても神経を使っています。

周りの人のことも考えて付けるということが、最低限のマナーと言えそうですね!

 

終わりに

いかがでしたか?今回は意外と知らない香水の付け方についてご紹介しました。香水の付け方やちょっとしたマナーを知っておくだけでも、いろんなシーンで役立ちます。

『あ、この人いい匂いだな…』『素敵だな…』と思われるために、最低限のマナーを守ってお気に入りの香りを身にまとうようにしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る